LGBTの理解深めよう

 左利きの人、血液型がAB型の人。皆さんの周りにも、すぐに思い浮かぶだけでたくさんいるのではないだろうか。およそ13人に1人の割合だそうだ。実は性的マイノリティといわれるLGBT(レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの頭文字)の日本人も約8%、13人に1人といわれている。日本人の4大名字といわれる佐藤、田中、鈴木、高橋を合わせても5%程度だと考えると、LGBTの人が多いことが分かる。
 しかし、身近にLGBTの人がいるかと聞かれると、左利きの人やAB型の人のように思い浮かばない。いないのではなく、気づいていないだけ。いや、知識不足ゆえの差別や偏見という誤った見方が社会にはまだあり、カミングアウトできないでいる人がたくさんいるということだろう。とくに性同一性障害といわれるトランスジェンダーやトランスセクシャルの人たちは、なかなか他人には理解してもらえない苦しみがあるだろう。先日、美浜町で開かれたLGBTのトークイベントで、そんな悩みに少し触れることができた。
 女性から男性への性適合手術を受けている中久保眞実さんは心と体の性の不一致に悩んだという。さまざまな困難を乗り越え、生き生きと生活している本人はもちろん、印象に残ったのは中久保さんの母親。カミングアウトを受けたとき、子どもの好きなようにさせてあげようと思ったという話にぐっときた。その母から「皆さんは家族からカミングアウトされたら、どうしますか」との逆質問に少し考えた。この母親のようにできるだろうか。なかなか答えは出ないが、こんなふうに考えてみることからLGBTへの理解が深まっていくのだと思う。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. この紋所が目に入らぬか~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る