ドライバーもひやひや

 厳しい寒波が続く8日朝、日高川町山間部の株井トンネルで長さ1㍍を超える特大つらら=写真=が登場した。
 同トンネルでは冬場につららができることはあるが、今回のような大きさは珍しく、十数本がずらりと並んでいる。専門家によると、雪解け水の量や深夜から未明にかけての気温がつららの成長に関係しているという。
 この日午前7時半ごろ、現地の気温はマイナス4度。ドライバーはトンネルにできた氷の芸術に魅了されていた半面、鋭くとがったつららが落ちてこないか〝ヒヤヒヤ〟しながら車を走らせる姿も見られた。

関連記事

フォトニュース

  1. 桜はまだ少し早いけど

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る