ドライバーもひやひや

 厳しい寒波が続く8日朝、日高川町山間部の株井トンネルで長さ1㍍を超える特大つらら=写真=が登場した。
 同トンネルでは冬場につららができることはあるが、今回のような大きさは珍しく、十数本がずらりと並んでいる。専門家によると、雪解け水の量や深夜から未明にかけての気温がつららの成長に関係しているという。
 この日午前7時半ごろ、現地の気温はマイナス4度。ドライバーはトンネルにできた氷の芸術に魅了されていた半面、鋭くとがったつららが落ちてこないか〝ヒヤヒヤ〟しながら車を走らせる姿も見られた。

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る