この厳しい寒さがないとね

 由良町衣奈漁港で、冬の風物詩となっているワカメの天日干しが始まった。
 毎年11月下旬、ロープにワカメの種付けを行い、沖合の海に沈めて育成。1月下旬から2月下旬まで水揚げされる。天日干しは2、3日行うが、厳しい寒さの中、ワカメが絡まないようほぐす作業を何度も何度も繰り返す=写真=。その後、根の軸と先を切ってござで再び半日干す。寒風にさらされた乾燥ワカメは、旨みがギュッと凝縮されて大人気。このほか、生ワカメは塩蔵ワカメや軸をつくだ煮にした名物「衣奈そだち」などにも加工する。
 衣奈ではかつてワカメ養殖の漁師が約50軒あったが、現在は6、7軒。50年以上養殖に携わっている地元漁師の寺井昭治さん(72)は、「まだワカメは小さいが、あと10日ほどすればもっと大きくなる。出来栄えはまずまずではないか」と期待していた。

関連記事

フォトニュース

  1. これからも頑張ります!

日高地方などのイベント情報

  1. アミザージサッカー教室

    3月 30 @ 9:00 AM
  2. 印南駅ナカコンサート

    3月 31 @ 11:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る