全国鍋GP 日高町のクエが人気

 日本最大級の鍋料理コンテスト「ニッポン全国鍋グランプリ2018」が27日から開幕し、28日まで埼玉県和光市で行われている。
 和歌山県からは日高町観光推進戦略プロジェクト協議会(会長・松本秀司町長)が「本場和歌山県日高町の天然クエ鍋」で唯一参戦。松本会長はじめ商工会、旅館民宿組合、役場のスタッフら20人が鍋の炊き出しなどを行っている。クエは270㌔、2000食分を用意し、1杯500円で販売。初日は開始前に商工会の山田理司会長が「グランプリ目指して頑張ろう」とげきを飛ばし、みんなで「エイエイオー」と掛け声を上げて気合十分。天然クエ鍋はおととし1月の第12回以来、2年ぶり2度目の出場とあって前評判も高く、販売開始直後から100人近い順番待ちの行列ができる大人気。三重県の会社員(42)は「前回の参加の時もいただきました。身がぷりぷりで最高」と大満足の様子。埼玉県の女性は「高級なので手が出ず、何十年ぶりかで食べましたが、やっぱりおいしいです」と笑顔を見せていた

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る