由良の水越峠で事故 バイクの男性死亡

 由良町畑の国道42号(水越峠)で20日昼、ダンプカーと大型バイクが接触、転倒し、バイクを運転していた男性が死亡した。
 亡くなったのは大阪市の梅西宏昌さん(60)。現場は水越トンネルから南約250㍍で、調べによると、午後3時5分ごろ、有田方面に北進していた湯浅町の運送業、中井正仁さん(48)が運転する10㌧のダンプと、ダンプに続いて走っていた梅西さんが乗る600ccのバイクが接触。バイクが転倒し、梅西さんは心肺停止の状態で御坊市内の病院に救急搬送されたが、頭などを強く打っており、事故から約1時間半後の4時30分、死亡が確認された。
 水越峠は由良町から広川町にかけてのカーブの連続する山越えの国道。梅西さんのバイクは現場手前にある待避所辺りから追い越そうとし、左カーブでダンプの左前輪付近に接触、転倒したとみられている。中井さんは仕事中、梅西さんはツーリング中だった模様。御坊署が状況や原因について調べている。
 御坊署管内の死亡事故は昨年10月以来3カ月ぶりの発生。ことし初めてで、1人目の犠牲者となった。

関連記事

フォトニュース

  1. 私の体験を知ってもらえれば

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る