日高広域観光協議会がインバウンドを研修

 日高地方の1市6町と日高振興局などでつくる日高広域観光振興協議会(金﨑昭仁会長)は17日、同振興局で事業者向けの訪日外国人観光客(インバウンド)対応研修会を開き、日高地方の観光関係事業者らが参加した。
 講師は和歌山マリーナシティ株式会社海外営業課課長の恩田政二氏と、県観光交流課副課長の岡澤利彦氏。岡澤氏は県のインバウンド誘致戦略「VisitWakayama」の取り組みを説明した。
 日本を訪れる外国人旅行者は2013年ごろから急増し、16年は前年比22%増の約2400万人、昨年は約20%増の2869万人が訪れた。政府は東京五輪が開催される2020年には4000万人の誘客を目標としており、和歌山県を訪れる外国人も全国的な傾向と同様に増えている。
 県は東アジア、東南アジア、欧米のターゲット国に合わせたプロモーションを展開しており、職員が自分で飛行機のチケットを手配してその国へ行き、手づくりのPRをしている和歌山県は、他府県より相手とのコミュニケーションもしっかりとれていると強調。岡澤氏は「県が主催する外国の旅行事業者らを対象とした視察ツアーの参加者は、高野山や熊野古道の勉強をしてくるが、私たちは湯浅や清水、白崎などのPRにも力を入れています。皆さまにはそういったゴールデンルート以外の観光地の魅力、情報を教えていただきたい」と協力を呼びかけた。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町おはなしの会

    3月 19 @ 10:00 AM
  2. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  3. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る