高校柔道 久保井兄妹が全国大会へ

 第40回全国高校柔道選手権大会京都府予選が13日に京都市武道センターで開かれ、女子48㌔級で京都文教2年の久保井仁菜選手=印南町西ノ地出身=が2連覇。男子60㌔級では双子の兄で同じ京都文教2年の久保井浩太選手が優勝。兄妹そろっての本大会(3月20、21日に日本武道館)出場を決めた。
 女子48㌔級には圧倒的な強さで知名度が高い仁菜選手が出場することもあって、他の選手が他階級へ移動し、出場は5人のみ。さらに初戦となる準決勝の相手も棄権したため、1試合のみの出場となったが、得意の横四方固めに持ち込み勝利。
 浩太選手は全4試合行い、初戦は袈裟固め、2回戦は縦四方固め、準決勝と決勝は肩固めといずれも得意の寝技に持ち込み一本勝ちした。
 昨年はベスト8だった仁菜選手は「落ち着いて寝技に持ち込むことができました。44㌔級では世界でも結果を残すことができましたので、今度は48㌔級で全国を狙いたい」、初の本大会出場となる浩太選手は「自分らしい攻める柔道ができた。本戦までにもっと力をつけて長所を伸ばしていきたい」といい、2人は「応援にきてくれた中学時代の恩師三原史也先生の前で勝ててよかった」と笑顔をみせている。
 いまでも帰省時には2人に練習をつけている三原さんは、「2人とも力強くなってきている。十分に全国優勝を狙えると思います」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る