全国少年新春書道展 竹山さんが特選

 明治神宮書道会主催、第64回全国少年新春書道展で、山本映紅書院(美浜町浜ノ瀬)から竹山愛瑠さん(志賀小1年)の作品が特選に選ばれた。

田端書道作品2.jpg

 全国の小中学生から2万5887点が寄せられ、特選300点(小学生195点、中学生105点)、準特選157点(小学生105点、中学生52点)、入選1868点を選出。特選作品は30日まで明治神宮本殿前の廻廊に展示されている。

 竹山さんは、半切(136×34㌢)の用紙に「てまり」と力強く書いた。書道を習い始めて1年近くで、週1回教室に通っている。昨年の夏休みから初めて大きな筆を持ち、大きな寸法の作品に取り組み始めたという。

 受賞に「うれしいです」と笑顔を見せ、指導の山本さんは「いつも熱心に練習しています。もう少し線が太く書けるともっとよかったのですが、『ま』のカーブなど難しい部分も丁寧に形よく書けていると思います」と話している。

 同書院からの入選は次の皆さん。

 半切部門=西田有希(野口小1年)、稲葉陽祐(松原小5年)、清水優羽(同小6年)、木下彩芽、笹野文乃(以上日高中2年)▽八ツ切半紙の部=古川真菜(和田小6年)、笹野文乃(日高中2年) 

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る