仁坂知事 自民県連幹部に4選出馬の意向伝える

 12月で3期目の任期満了を迎え、次の選挙に出馬するかどうか動向が注目されている仁坂吉伸知事(67)が14日までに、自民党県連幹部に立候補の意向を伝え、前回同様、推薦を求めた。
 仁坂知事はこれまで4選出馬については「県議会の有力なグループから(議会の一般質問で)聞かれれば答える」などと明言を避けていたが、自民党県連幹部によると、年が明けてから、本人から出馬したいとの意向を聞いたという。同時に推薦の要請もあり、同幹部は「2月の役員会で県連としての方向性を決めたい」と話している。
 次期知事選に向けては、元参議院議員で自民党県連会長代行の大江康弘氏(64)が昨年11月に立候補を表明、同党の公認を要請している。

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る