JA紀州農機初荷 4年連続目標額を突破

 JA紀州(久保秀夫組合長)は11日、御坊市の本店前で農機の初荷出発式を行った。販売実績は5000万円で、合併後4年連続で目標の4000万円を突破した。
 販売したトラクターやコンバインといった農機と職員を前に、久保組合長が「耕作放棄地が増えるなか地域を活性化させ、盛り上げるためには農業がしっかりしなければならない。地域の発展へ団結して頑張ろう」とあいさつ。片山忍常務の発声で乾杯したあと、久保組合長やマスコットの「きぃぽん」らの見送りを受け、農機を積み込んだトラックが各購入農家へ向けて出発した。
 主な初荷はトラクター9台、田植え機とコンバイン各4台。このほか、もみすり機、乾燥機、野菜移植機などを販売した。

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘そ~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る