日高川町 寒川保育園をみやまと統合へ

 日高川町は、園児数が減少している寒川保育園について、ことし4月からみやま保育園と統合することを決めた。寒川保育園の保護者会からの要望を受けての対応で、町内ではかわべ保育所、なかつ保育所を含め3園となる。
 寒川保育園は昭和43年に開園。当時の園児数は42人だったが、少子化の影響などで年々減少。近年では2013年度5人、14年度7人、15年度11人、16年度10人、17年度6人と少ない上、18年度見込みは5人、19年度については2人とさらに減少が見込まれている。
 昨年10月に同園保護者会の代表者が久留米啓史町長を訪れ、ことし4月からの統合を求める要望書を提出。町では地元区にも説明し、区では「寒川に保育園がなくなれば若い人が住んでもらえなくなる心配もあるが、保護者が望むのであれば、子どもたちのことも考えて仕方がない」と承諾し、統合することになった。
 通園方法は保護者の送迎。統合後のみやま保育園の園児数は現在、申請を受け付けているため確定していないが、17年度のみやま保育園の園児数は20人となっている。寒川保育園については当面「休園」とし、有効な活用方法を探っていく。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る