ダイコンやぐら 美浜から御坊へお引っ越し

 御坊市名田町野島、㈲樽の味の本部・物流センターに、冬の風物詩、ダイコン干しの巨大なやぐら=写真=が登場した。
 昨シーズンまでは美浜町田井地内の田んぼに組まれていたが、同社が野島地内に移転したため今シーズンからやぐらも〝引っ越し〟。国道42号沿いにあり、ドライバーの目を引いている。美浜町議会議員で農業の田渕勝平さん(68)が契約栽培している「総太りダイコン」といわれる青首の一種を干しており、高さ約7㍍、長さは2基合わせて約100㍍もある。
 ダイコンは10日から2週間干した後、「いなか漬け」の商品として全国に発送する。同社の中野了輔常務取締役は「風がよく当たりますし、塩気を含んでいるのでダイコン干しにはいい条件です」と話している。ピークはこれからで、2月下旬まで続く。

関連記事

フォトニュース

  1. これからも頑張ります!

日高地方などのイベント情報

  1. アミザージサッカー教室

    3月 30 @ 9:00 AM
  2. 印南駅ナカコンサート

    3月 31 @ 11:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る