ダイコンやぐら 美浜から御坊へお引っ越し

 御坊市名田町野島、㈲樽の味の本部・物流センターに、冬の風物詩、ダイコン干しの巨大なやぐら=写真=が登場した。
 昨シーズンまでは美浜町田井地内の田んぼに組まれていたが、同社が野島地内に移転したため今シーズンからやぐらも〝引っ越し〟。国道42号沿いにあり、ドライバーの目を引いている。美浜町議会議員で農業の田渕勝平さん(68)が契約栽培している「総太りダイコン」といわれる青首の一種を干しており、高さ約7㍍、長さは2基合わせて約100㍍もある。
 ダイコンは10日から2週間干した後、「いなか漬け」の商品として全国に発送する。同社の中野了輔常務取締役は「風がよく当たりますし、塩気を含んでいるのでダイコン干しにはいい条件です」と話している。ピークはこれからで、2月下旬まで続く。

関連記事

フォトニュース

  1. これをこうやってから、これをこうやって…

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る