みなべの須賀神社で伝統の火占い

 みなべ町西本庄、須賀神社(前芝弘知宮司)で元日の未明、たいまつで稲の作柄を予想する火占いが行われ、晩生(おくて)、早生(わせ)、中生(なかて)の順で豊作となった。
 300年以上前から行われている県内でも珍しい伝統行事。除夜祭、歳旦祭に続いて午前0時すぎから境内の二の鳥居近くで行われた。3本のたいまつにそれぞれ「早生」「中生」「晩生」と書かれた札を取り付け、火をつけて燃え尽きる早さで占う。歳旦祭で使われたろうそくの火で総代らがたいまつに点火。3本とも勢いよく燃え上がり、初詣の参拝客らはどれが一番早く燃えるのか見守っていた。

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、けっこう汚れてますね

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る