みなべの須賀神社で伝統の火占い

 みなべ町西本庄、須賀神社(前芝弘知宮司)で元日の未明、たいまつで稲の作柄を予想する火占いが行われ、晩生(おくて)、早生(わせ)、中生(なかて)の順で豊作となった。
 300年以上前から行われている県内でも珍しい伝統行事。除夜祭、歳旦祭に続いて午前0時すぎから境内の二の鳥居近くで行われた。3本のたいまつにそれぞれ「早生」「中生」「晩生」と書かれた札を取り付け、火をつけて燃え尽きる早さで占う。歳旦祭で使われたろうそくの火で総代らがたいまつに点火。3本とも勢いよく燃え上がり、初詣の参拝客らはどれが一番早く燃えるのか見守っていた。

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る