串本海中公園に城所さん制作のアーケロン

 串本町の串本海中公園センター水族館(串本町有田)に、田辺市龍神村柳瀬のチェーンソーアーティスト、城所ケイジさん(50)が制作した史上最大のウミガメといわれる「アーケロン」の彫刻が登場した。
 7500万年前の中生代白亜紀後期に生息していた史上最も大きなウミガメで、日本にも生息していたといわれる。同水族館では「アーケロンを実物大の彫刻模型で復活させ、現代のウミガメの状況を紹介して保全活動につなげたい」と今回のプロジェクトを企画。チェーソーアートの第一人者である城所さんに制作を依頼した。
 作品には県内産のスギを使用。実物大で仕上げられ、全長は4・5㍍、甲幅は1・9㍍、前足の部分は約2・5㍍。城所さんは「実際に見ていただき、アーケロンの大きさや、使用している木の大きさを体感してもらいたい」と話している。
 2019年12月までの2年間展示される。

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る