バスケの盛り上がり期待

 小学生バスケットボールの第44回県冬季ミニバスケットボール大会は先日、湯浅スポーツセンターでベスト4が激突し、決勝戦を取材した。冬季大会の最終日を観に行くのは3年連続。2年前は日高ミニバスケットボールクラブ、昨年は御坊BBCjrが決勝に駒を進め、いずれもあと一歩及ばず準優勝で涙をのんだが、日高地方2チームの健闘ぶりが光っていた。
 ことしは、日高が楠見西(和歌山市)と対戦。手に汗握る好ゲームが展開された。試合は日高が第1クオーター(Q)で14―8とリード。第2Qで1点差に詰め寄られたが逆転は許さず、第3Qで8点差をつけると、最終第4Qを守り切って41―35で勝利した。身長165㌢と 1 70 ㌢の 2選手がオフェンスをけん引。チーム全体で2人の高さを生かして得点を重ねた。ディフェンスも粘り強さを発揮。攻守とも豊富な運動量で、最後まで集中を切らさなかった。
 日高は2011年に中学と高校の部活動や大学の同好会でプレーしていた経験がある地元の雑賀孝之さん(現コーチ)が高校時代のチームメートらとともに創部。当時の記事を見てみると、雑賀さんが「バスケはシュートを決めたとき気持ちがいいし、チームプレーの醍醐味が味わえるスポーツ。バスケを好きになってミニ(小学生)から中学、高校へと続けてもらえれば。日高地方のバスケを盛り上げたい」と話していた。
 それから6年半、初優勝を飾ったあとのインタビューでも「もっと日高地方のバスケが盛り上がればいいのにね」と雑賀さん。日高と御坊の地元小学生2チームの活躍が、競技人口の増加やレベルの向上につながるよう期待したい。     (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 色とデザイン選んでね

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  3. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  4. 上阿田木神社春祭り

    4月 29 @ 1:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る