全国高校柔道県予選 紀央館女子が大活躍

 県下高校柔道新人大会(個人試合)兼第40回全国高校柔道選手権大会県予選大会は17日に和歌山ビッグウエーブであり、日高地方関係では女子48㌔級の堀紫音選手(紀央館1年)が見事優勝。来年3月20、21の両日、東京・日本武道館で開催される全国大会の出場を決めた。紀央館女子勢は堀選手を含め出場4選手全員が入賞と大活躍し、箕島などの地元選手も男女5選手が健闘を見せた。
 男女とも5階級で熱戦を展開し、いずれも全国出場権(優勝)を争った。
 女子48㌔級の堀選手は1回戦を大内刈りなど技あり3つで優勢勝ち。ゴールデンスコアとなった準決勝は大内刈りで決着をつけ、決勝は鮮やかに内股で一本勝ちした。準決勝の対戦相手、和歌山商の和田選手には先月の近畿高校体重別選手権大会県予選でゴールデンスコアの末に敗れており、全国のかかる大舞台で見事リベンジを果たした。「先輩に対策を指導してもらい、前へ前へと引かない積極的な柔道ができたのがよかったと思う。ここで勝つことができ、うれしい」と会心の勝利を振り返り、来春の全国へは「ベスト8を目指して頑張っていきたい」と力強く話した。
 紀央館女子勢は52㌔級の山本愛海選手(2年)と、63㌔級の大浦彩希選手(同)がそろって準優勝。無差別級の堀那月選手(1年)が3位に入賞した。
 日高地方の学校以外の地元選手は、男子81級で巽貴大選手(初芝橋本1年、松洋中出身)が準優勝。同無差別級では武内祐乙選手(箕島1年、日高町)が準優勝、中野貴雄選手(同2年、由良中出身)と岸邉大翔選手(同1年、由良町)が3位と健闘を見せ、女子63㌔級で井口杏咲羅選手(田辺2年、切目中出身)が3位に入った。
 

関連記事

フォトニュース

  1. 宝探しに親子ら200人

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る