なまんだぶなんまんだ~ぶ~

 日高浄土宗青年会(山下勝顕会長)は15日、御坊市のオークワロマンシティで歳末たすけあい托鉢を行った。集まった浄財は全額、市社会福祉協議会に寄付する。
 日ごろから世話になっている地域への恩返しと助け合いの精神を広めようと毎年行っている。ことしは天然寺(比井)、済広寺(和田)、西福寺(熊野)、正覚寺(印南原)、栄林寺(入野)、長楽寺(三百瀬)、印定寺(印南)、浄恩寺(田辺)の8カ寺から8人が参加。財部地内の往生寺に集合し、ロマンシティまで念仏行脚を行ったあと、南側の出入り口前に立って念仏を唱える=写真=と、浄財箱に募金する多くの人の姿がみられた。
 山下会長は「小さい力でもたくさん集まれば大きな力になります。新しい年も皆で力を合わせて頑張っていきたい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る