12月の忙しさに十分な注意を

 1年の最後の12月は。クリスマス、冬休み、大晦日とイベントが目白押しで、子どものころは夏休みに次いで楽しみな時期だった。しかし、働き始めてからはそうもいかない。仕事の面では、普段の取材活動に加えて新年号の製作などが入ってくる。いつもよりも仕事量が増え、筆者にとっては1年で一番忙しい時期といえる。楽しいことも多いが、どちらかといえばせわしない嫌な時期だ▼12月は師走とも呼ばれる。語源についてはいくつかの節があるようだが、「普段はどっしりと構えている先生(師匠)すら走り回るほど忙しい」というのも1つ。世間が慌ただしくなるこういう時期は注意力が散漫になりがちで、大きな失敗を起こしやすくなる時でもある▼交通事故でも一番多い月が12月そうだ。警察庁のまとめによると、発生件数、負傷者数、死者数ともに最も多くなるという。日没が早く夕暮れの視界が悪くなるほか、年末には交通量が増えるということもある。加えて、日本には年末にすべての仕事や習い事などのけじめをつけるという習慣があり、普段よりもバタバタすることが多くなり、忙しさからくる注意力の低下も事故につながる要因といえる▼筆者が実践している忙しい時に落ち着いて物事をこなす方法を紹介したい。それは、やらなければならないことを紙に箇条書きにして整理すること。そのうえで優先順位をつけて1つずつ取り組むと、「あれもこれもしなければならず、何から手をつけていいのか分からない」という状態が解決して物事が案外スムーズに進む。一度試してもらいたい▼ことしも残すところあと半月。事故や大きな失敗を起こしてしまわないように十分な心がけたい。そして、新しい年を気持ちよく迎えたいものだ。   (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る