御坊の小竹八幡に犬の大絵馬

 正月準備等を始める「事始め」の13日、御坊市の小竹八幡神社(小竹伸和宮司)で恒例の大絵馬奉納が行われた。
 氏子の木村洪平さん(53)=御坊市薗=が毎年奉納しており、大叔父の故山中襄(のぼる)さん、父の故木村靖夫(のぶお)さんから引き継いで17年目。ことしも工作担当の塩﨑建築代表の塩﨑弘直さん(55)、息子の塩﨑真登さん(25)も参加し、小竹宮司の祈祷を受けたあと取り付けた。
 今回の絵馬は紀州犬の家族で、青々と茂る芝生の上で子犬を見守る親犬を描き、穏やかで平和に暮らす姿=写真=を表現した。木村さんは「子犬があくびをしてリラックスしている雰囲気を出しました。親犬もやさしい表情になるよう心がけています。御坊はじめ世界が平和な1年になるよう願いを込めました」。小竹宮司は「大絵馬奉納は1977年から行っており、ずっと家族や親子をテーマにしています。来年も絵馬のようにのどかな1年になればうれしい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る