紀州鉄道 枕木のコンクリート化進む

 御坊市の紀州鉄道は、乗客の安全性を高めるため、本年度から線路の枕木のコンクリート(PC)化に取り組んでいる。10月中旬から学門駅を中心に初年度分の379㍍区間で工事に取り掛かり、このほど完成した。PC化で脱線の原因となるレール幅の広がりなどが解消され、揺れも少なくなるのが大きな特長で、将来的には全線で導入する考えだ。
 紀州鉄道ではことし1月22日、湯川町小松原地内、北裏病院西にある湯川第2踏切南側で、JR御坊駅発西御坊駅行きの車両が線路から脱輪する脱線事故が発生。その後の調査で老朽化等により脱線箇所のレール幅が広がっていたことが原因だと分かった。事故を教訓により安全性を高めていこうと、JRなどでも少しずつ進めているPC化を紀州鉄道でも導入していくことにした。
 まず取り掛かったのは、学生たちの利用が多く、レールに負担がかかるカーブにもなっている学門駅周辺。運行のない夜間に少しずつ進め、11月中に完了した。木の枕木の耐用年数は約10年で、周りの環境によってはもっと短くなる個所もあるが、PC化することによって交換の必要はほとんどなくなり、ランニングコスト削減につながる。現在はPCと木の枕木が交互に入っている状態だが、PCの方が間隔を広く取れるため、木の枕木の交換時期がきても取り除くだけで、新しく入れる必要はない。PC化でレール幅の伸縮がなくなり、乗客の安全が確保されるほか、レールとの間にゴムのクッションが入っており、揺れや音が軽減されるため、快適な乗り心地となるメリットもある。
 紀州鉄道は総延長2・7㌔で、今回の工事で全体の14%がPCとなった。来年度以降もカーブを中心に進めていくことにしており、将来的にはすべて更新する計画。同鉄道は「脱線事故を教訓に安全性を一層高め、地域から親しまれる鉄道をこれからも目指していきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 私の体験を知ってもらえれば

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る