紀州鉄道 枕木のコンクリート化進む

 御坊市の紀州鉄道は、乗客の安全性を高めるため、本年度から線路の枕木のコンクリート(PC)化に取り組んでいる。10月中旬から学門駅を中心に初年度分の379㍍区間で工事に取り掛かり、このほど完成した。PC化で脱線の原因となるレール幅の広がりなどが解消され、揺れも少なくなるのが大きな特長で、将来的には全線で導入する考えだ。
 紀州鉄道ではことし1月22日、湯川町小松原地内、北裏病院西にある湯川第2踏切南側で、JR御坊駅発西御坊駅行きの車両が線路から脱輪する脱線事故が発生。その後の調査で老朽化等により脱線箇所のレール幅が広がっていたことが原因だと分かった。事故を教訓により安全性を高めていこうと、JRなどでも少しずつ進めているPC化を紀州鉄道でも導入していくことにした。
 まず取り掛かったのは、学生たちの利用が多く、レールに負担がかかるカーブにもなっている学門駅周辺。運行のない夜間に少しずつ進め、11月中に完了した。木の枕木の耐用年数は約10年で、周りの環境によってはもっと短くなる個所もあるが、PC化することによって交換の必要はほとんどなくなり、ランニングコスト削減につながる。現在はPCと木の枕木が交互に入っている状態だが、PCの方が間隔を広く取れるため、木の枕木の交換時期がきても取り除くだけで、新しく入れる必要はない。PC化でレール幅の伸縮がなくなり、乗客の安全が確保されるほか、レールとの間にゴムのクッションが入っており、揺れや音が軽減されるため、快適な乗り心地となるメリットもある。
 紀州鉄道は総延長2・7㌔で、今回の工事で全体の14%がPCとなった。来年度以降もカーブを中心に進めていくことにしており、将来的にはすべて更新する計画。同鉄道は「脱線事故を教訓に安全性を一層高め、地域から親しまれる鉄道をこれからも目指していきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る