御坊のSBエナジー発電所計画 規模等変更

 御坊市議会日高港振興対策特別委員会(山本清司委員長)が7日に開かれ、ソフトバンクの子会社・SBエナジー㈱が御坊市塩屋町南塩屋の日高港工業団地で検討しているバイオマス発電所計画について執行部が進捗状況を説明した。
 市企画課が、9月にSBエナジーが南塩屋区民や地元漁協組合員を対象に開いた説明会の内容を報告した。事業概要では、燃料は当初、パーム油を予定していたが、将来的に安定供給が難しいことから国内でも実績のある木質ペレットとヤシガラに変更。燃料が変わったことで発電規模も当初の約11万㌔㍗から約5万㌔㍗になったとしている。自主アセスメントの結果としては環境基準をクリアできると予測されていることが説明された。
 このほか、日高港で進められている水深を現在の10㍍から12㍍にするしゅんせつ工事は、土質は岩の比率が高く時間と予算がかかることから、事業完了は2020年になる見込みであることも報告された。
 

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る