みなべと印南で熊野古道ウォーク

 日高広域観光振興協議会主催、散策イベント「熊野古道紀伊路ウォーキング海の古道」がみなべ町と印南町で行われ、県内外から集まった47人が熊野の王子社などを訪れて歴史に思いを馳せた。
 一行は印南駅を出発後、切目王子(印南町西ノ地)、切目中山王子(同町島田)、岩代王子(みなべ町西岩代)、千里王子(同町山内)、三鍋王子(同町北道)などに立ち寄りながら散策。距離は約18㌔で、約6時間半かけて歩いて回った。印南町内は紀州路語り部の会の坂下緋美さんと成田龍三さん、みなべ町内はみなべ観光ガイドの会の松本美小夜さんと坂本恭子さんがそれぞれ案内した。
 各所で歴史的ないわれなどについて説明し、岩代王子は「熊野飛龍権現を主神とした神社で、和歌などを奉納する社であったと伝えられている」などと紹介。参加者らは「歴史を感じることができたし、海の景色もすばらしかった」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る