印南の切目王子に歌会ゆかりの木を植樹

 印南町の切目の歴史を学ぶ有志でつくる「うらしま会」(寺下鎮雄代表)は6日、切目王子神社や切目懐紙について広く知ってもらおうと、神社東の旧跡地に公園整備の一環としてゆかりのある樹木などを植えた。
 取り組みは今秋、1200年に後鳥羽上皇が切目王子で開いた歌会でしたためられた国宝「切目懐紙」の写しを印刷したプレートの設置からスタート。旧跡地は寺下さんの私有地で、歌会当時は境内だったという。
 会のメンバー10人が重機やスコップを使って、御神木のナギや歌会で詠まれた歌に出てくる「いろは紅葉」「柾(まさき)」「松」など50本を植樹した。
 今後、公園内に道やイベント広場を設け、来年春に草花を植える計画。切目の歴史を後世に伝えていきたいとの思いで取り組みを進めている寺下さんは、「木が立って、にぎやかになってきました。きれいに整備し、イベントに多くの人に集まってもらったりし、歴史的にも由緒ある切目王子神社や切目懐紙をもっと発信していきたい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. わんちゃん大好き

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る