おもてなしの考え方

 トランプ米大統領が来日した際、「おもてなし」がちょっとした話題に。5日夜に会食した鉄板料理店では「アルバ産白トリュフと北海道産帆立貝のサラダ」「三重より伊勢海老のソテー ビスク仕立て」「うかい極上牛ステーキ フィレ・サーロインをお好みで」など、高価な料理が提供されたとスポーツ紙で大きく報じられていた。筆者が関心を持ったニュースはこれらではなく、昼の情報番組の女性タレントの発言と、ネットに出ていたニュース。
 
 女性タレントは安倍晋三首相が、松山英樹プロらとともにゴルフを楽しんだときの昼食にハンバーガーを振る舞ったことに触れ、「ハンバーガーから始まるのはちょっとないなって思います」とコメント。「アメリカから来て、朝ご飯ももしかしたらハンバーガー食べてきてるかも…」などと説明したという。これに対し、ネットのニュースではトランプ大統領はハンバーガーやコーラなどが好物と指摘のうえ、「本人の望みや好みを無視して別の料理を振る舞ったとしたら、単なる『エゴ』になってしまうだろう」と主張。「おもてなし」にうるさい日本人、些細なことでもいろんな考え方があるのだと思った。
 
 寿司職人は、客が箸を使うか、手で食べるかを見て、握り具合を調整する(箸の場合はつかみやすいように固め)という話を聞いたことがある。おもてなしとは、こちらの気持ちをぶつけるだけでなく、やはり相手のことを思いやり、その人にマッチしたサービスを提供することが重要であろう。あまり合わないといわれても、カツオのたたきはポン酢ではなく醤油で食べたい派。ポン酢を強要されると好物の楽しみが損なわれてしまう。やはり今回は女性タレントの分が悪い。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘そ~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る