おもてなしの考え方

 トランプ米大統領が来日した際、「おもてなし」がちょっとした話題に。5日夜に会食した鉄板料理店では「アルバ産白トリュフと北海道産帆立貝のサラダ」「三重より伊勢海老のソテー ビスク仕立て」「うかい極上牛ステーキ フィレ・サーロインをお好みで」など、高価な料理が提供されたとスポーツ紙で大きく報じられていた。筆者が関心を持ったニュースはこれらではなく、昼の情報番組の女性タレントの発言と、ネットに出ていたニュース。
 
 女性タレントは安倍晋三首相が、松山英樹プロらとともにゴルフを楽しんだときの昼食にハンバーガーを振る舞ったことに触れ、「ハンバーガーから始まるのはちょっとないなって思います」とコメント。「アメリカから来て、朝ご飯ももしかしたらハンバーガー食べてきてるかも…」などと説明したという。これに対し、ネットのニュースではトランプ大統領はハンバーガーやコーラなどが好物と指摘のうえ、「本人の望みや好みを無視して別の料理を振る舞ったとしたら、単なる『エゴ』になってしまうだろう」と主張。「おもてなし」にうるさい日本人、些細なことでもいろんな考え方があるのだと思った。
 
 寿司職人は、客が箸を使うか、手で食べるかを見て、握り具合を調整する(箸の場合はつかみやすいように固め)という話を聞いたことがある。おもてなしとは、こちらの気持ちをぶつけるだけでなく、やはり相手のことを思いやり、その人にマッチしたサービスを提供することが重要であろう。あまり合わないといわれても、カツオのたたきはポン酢ではなく醤油で食べたい派。ポン酢を強要されると好物の楽しみが損なわれてしまう。やはり今回は女性タレントの分が悪い。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. これからも頑張ります!

日高地方などのイベント情報

  1. アミザージサッカー教室

    3月 30 @ 9:00 AM
  2. 印南駅ナカコンサート

    3月 31 @ 11:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る