日高川の下阿田木神社 33㍍の大木を伐採

 日高川町皆瀬の下阿田木神社(西川秀人宮司)で、高さ30㍍以上あるスギとトガサワラの伐採作業が行われている。
 スギ、トガサワラとも樹齢400年以上で、高さ約33㍍、直径1㍍以上ある大木。昔から本殿前にあり、大切にされてきたが、根が浅く、傾いてきているなどで倒木の恐れがあるとして伐採することになった。作業は紀中森林組合が請け負い、一度に切り倒すのは危険なため、2台のクレーンを使って上部から段階的に切っている。
 伐採に合わせて、同じように樹齢数百年で高さ約40㍍、直径約2㍍のイチョウの木の枝切り作業も行う。
 西川宮司は「神社を守ってきた大切な木を伐採するのは心苦しいが、倒木の心配がある以上仕方ない」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. あ~ん、もう、モロコ~!

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る