公立高校募集定員 日高と紀央館の普通が増

 県教委は27日、2018年度の公立高校の募集定員を発表。本紙エリアでは、日高普通と紀央館普通で1学級ずつ増加した。
 来春、中学を卒業する日高地方の生徒数は前年度より約80人多い約730人となっており、県では生徒数増加に対応するため定員を増やした。定員増加については日高地方PTA連合会(大原弥生会長)が県教委に対して陳情活動も行っていた。日高附属中生が進学する日高総合科学は附属中の学級減少により1学級減。このほかの本紙管内の学科は前年度と同様。
 県全体では学級数増加は日高と紀央館のみで、橋本普通科、貴志川普通科、和歌山北普通科、和歌山総合学科、和歌山商業ビジネス創造科、有田中央総合学科がそれぞれ1学級減。全日制の全体の定員は前年比5学級200人減で173学級6920人。来春に中学を卒業する県内全体の生徒数は前年度比約480人減で約8800人。

関連記事

フォトニュース

  1. 色とデザイン選んでね

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  3. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  4. 上阿田木神社春祭り

    4月 29 @ 1:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る