日高港の「みなとオアシス」登録決定

 御坊市塩屋町の日高港が、地域住民の交流やPR発信拠点となる「みなとオアシス」に登録されることが、決まった。二階俊博代議士から連絡が入った。
 みなとオアシスは、港の施設やスペースを活用した住民参加型の継続的な地域振興の取り組みを行っている交流拠点を登録する国交省の制度。みなとオアシスごぼうは全国で103カ所目(県内では下津港、古座港に次いで3番目)の登録となる。日高港の利用促進に向けて国交省和歌山港湾事務所が昨年から登録へ向けた調査研究を進めていた。EEパークや日高港塩屋緑地などを中心に子どもまつり、宮子姫みなとフェスタ等の開催、大型客船の寄港など継続的な地域振興の取り組みが評価された。全国各地のみなとオアシスから港町グルメが集まり、来場客の投票でグランプリを競う「Sea級グルメ全国大会」の誘致・開催なども可能となる。
 11月19日に開催される宮子姫みなとフェスタのオープニングセレモニーの中で登録証交付式が行われる。

関連記事

フォトニュース

  1. 24日はぜひ来てくださ~い

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る