美浜の浜ノ瀬老人クラブに厚労相表彰

 京都市のロームシアター京都で19日、第46回全国老人クラブ大会が開かれ、席上、美浜町の浜ノ瀬老人クラブ(浜口宗五郎会長)が老人クラブ育成功労者等厚生労働大臣表彰を受賞した。浜ノ瀬老人クラブは半世紀以上、地域の見守りや清掃など社会奉仕に努め、昨秋からは住民主体の介護予防事業に積極的に取り組んで高齢者の健康増進、絆づくりにも大きく寄与。「優良老人クラブ」として高い評価を受けた。
 1963年に結成の浜ノ瀬老人クラブは50年以上、子どもたちの下校時の見守り活動や町内の清掃ボランティアに取り組み、地域社会に大きく貢献している。昨秋には浜ノ瀬区(村岡茂区長)と一体となって、住民主体で運営する介護予防事業「いきいき百歳体操」の自主サークル立ち上げを積極的に推進。10月に発足した自主サークルは参加者から「外へ出て行くことが嫌いでしたが、みんなと話、体操などできて楽しい」「高齢者の『和』の大切さを気づかせてくれる場所」などの声が聞かれ、介護予防だけでなく地域の絆を強める役割を果たすなど老人福祉の増進に大きく寄与している。
 毎週金曜日午後、浜ノ瀬住民会館が会場の自主サークルでは20日の活動に浜口会長が訪れ、参加者約40人に厚労大臣表彰の受賞を報告。浜口会長は「浜ノ瀬老人クラブは町内でトップの結成。このいきいき百歳体操も町内で一番取り組みが早かった」と紹介したうえで、「老人のいいところは『家にいる』というところ。近所で何か起こってもすぐに駆けつけられる。老人クラブのモットーは『助け合い』であり、家にいるだけで意義があります」とあいさつ。最後に参加者と一緒に記念撮影も行った。
 

関連記事

フォトニュース

  1. この紋所が目に入らぬか~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る