印南で小中学校合同の避難訓練

 登校時に大地震が発生した想定で21日、印南町切目小学校と切目中学校合同の避難訓練が行われ、雨の中も中学生が小学生を誘導するなど命を守る意識を高めた。
 切目っ子地域連携会議が主催し、防災いなみっ子未来プロジェクトの一環。近い将来の発生が懸念されている南海地震等に備えて昨年から行っている。
 和歌山県沖を震源とするマグニチュード8・0、震度6弱の地震が発生したとし、登校中の児童はそれぞれの地域に指定している一時避難場所に避難。小中学校教諭や保護者らが子どもたちの安全を確認し、さらに高台の2次避難場所がどこにあるか、ルートなどを勉強した。中学生は小学生たちを整列させ、避難場所へ誘導するなどリーダーシップを発揮していた。
 このあと切目小学校に全員が集まり、津波避難のDVD観賞、消火や煙体験などを通して防災の知識を深めた。

関連記事

フォトニュース

  1. 24日はぜひ来てくださ~い

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る