火元、原因を突き止めろ

 日高広域消防は11、12日、本署駐車場で火災原因調査の訓練を行った。
 火災調査は出火原因から延焼拡大の過程まで火災の全貌を明らかにし、類似火災の予防や被害の軽減に生かすことが目的で、隊員が再現された焼け跡から火元をしぼって原因を究明。掘り起こしを行い、出火の原因を詳しく調べていった。
 隊員同士で情報を共有したり、アドバイスし合いながら取り組み、平野弘一署長は「建物火災の件数が減り、若手職員が増えるなか、それぞれ実際の要領はつかめたと思う。経験を生かしてレベルアップを図っていきたい」と話していた。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る