宮井紀行 鹿児島でソロ最多の1500人を動員

 美浜町出身で鹿児島を拠点に活動しているシンガーソングライター、宮井紀行さんが1日、同県内で2番目に大きいコンサートホール「宝山ホール」の単独ライブを成功させた。「なまず」で上京、大手レーベルからデビューを果たすも4年足らずで解散、鹿児島に戻りソロとなって12年。キャリアハイとなる約1500人を動員し、メジャー再デビューへ確かな手応えをつかんだ。
 鹿児島第一工業大学1年のとき、福井出身の倉田暁雄さんと伝説のユニット「なまず」を結成。鹿児島最大の繁華街「天文館」で毎週土曜深夜にストリートライブを始め、他のミュージシャンがゆずや長渕剛をカバーするなか、オリジナルをうたうなまずは一人勝ちの人気となり、そのまま一気に上京、夢のメジャーデビューを果たした。
 しかし、東京では事務所の方針により、メインボーカルだった宮井さんはコーラスに回り、ステージでしゃべることも許されなくなった。なまずは鹿児島と東京でまったく別物となってしまい、鹿児島時代からのファンは目に見えて離れ、結局、メジャーデビューから約3年8カ月で解散した。
 2005年4月、一から音楽をやり直そうと、ソロとして鹿児島で活動を再開した。毎年秋のワンマンライブの会場を少しずつ大きくしながら、4年目には200人、6年目には600人のホールとなり、11年目の昨年は1000人規模のライブを開催。「これまでまいてきた種が芽を伸ばし始めた」(宮井さん)ことしは、テレビやラジオの仕事を自らすべてリセット。活動を音楽に集中、8月に5枚目のアルバム「青写真」をリリースし、9月には全国43カ所のツアーを終えた。
 今回の宝山ホールはソロで最大規模の1502席。地元鹿児島をはじめ、ふるさと和歌山、遠くは名古屋、東京、仙台からもファンが駆け付け、バンド編成のステージは約2時間半、合間にはコントも行われ、満杯の客席と一体となって盛り上がった。
 宮井さんは「和歌山からも大勢足を運んでくださり、おかげさまで大盛り上がりで大成功でした。最後の最後まであきらめないこと、『宝山に挑んでよかった』という気持ち、応援してくださる皆さまへの感謝の気持ちでいっぱいです」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る