日高川の土生祭 107年ぶりに神輿が中津川へ

 14日宵宮、15日本祭りを迎える日高川町土生の土生八幡神社の秋祭りで、合祀(ごうし)以来107年ぶりに神輿が中津川地区に入る。
 中津川地区には大神宮(高岸)、八坂神社(牛王)、里神社(森)、滝の宮(山之神)の4社があったが、1910年に土生八幡神社に合祀された。以降、中津川地区に神輿が来ることはなかったが、今回、数年前から始まった頭屋巡りとして、お渡りの途中に立ち寄ることになった。
 時間は15日午後1時半ごろからで中津川地区までトラックで運び、地区内を練り歩き農業会館前に鎮座する。同地区では「107年の時を経て神さまがお里帰りすることになります。区民で温かく盛大にお迎えしたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. シャクナゲよりももち?

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. mihamaこもれびマルシェ

    4月 21 @ 11:00 AM - 3:00 PM
  3. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  4. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る