日高川の土生祭 107年ぶりに神輿が中津川へ

 14日宵宮、15日本祭りを迎える日高川町土生の土生八幡神社の秋祭りで、合祀(ごうし)以来107年ぶりに神輿が中津川地区に入る。
 中津川地区には大神宮(高岸)、八坂神社(牛王)、里神社(森)、滝の宮(山之神)の4社があったが、1910年に土生八幡神社に合祀された。以降、中津川地区に神輿が来ることはなかったが、今回、数年前から始まった頭屋巡りとして、お渡りの途中に立ち寄ることになった。
 時間は15日午後1時半ごろからで中津川地区までトラックで運び、地区内を練り歩き農業会館前に鎮座する。同地区では「107年の時を経て神さまがお里帰りすることになります。区民で温かく盛大にお迎えしたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る