品がおまっしゃろ?

 日高川町で特産化に向けて取り組まれている花、キイジョウロウホトトギスの切り花の出荷が、28日から始まった。ことしは大雨などの影響で不作となっており、出荷数も例年の約1000本の半分程度になるとみられている。
 初日には高津尾のJA紀州中津支店に生産者が集まり、つぼみが縦一列になった自慢の花を並べた。つぼみ抜けは1つまでや、葉が枯れていないことなど、それぞれ品質を確認したうえで出荷した。この日は約80本を出荷し、今後も10月初旬まで週3回数十本を出荷する。出荷先は京都や大阪などで、生け花や茶花などとして人気の花となっている。
 キイジョウロウホトトギスは別名「山里の貴婦人」とも呼ばれ、黄色い花とともに、きれいに並んだ葉が魅力の1つ。生産者らによると、ことしは大粒の雨に打たれたせいか、葉が茶色くなる現象が多くなった。そのため花の数自体は例年並みに育ったが、出荷できる品質の花は半分程度という。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る