需要増の核シェルター

 小説で絶海の孤島や吹雪の山荘、大雨で孤立した別荘、監視されて脱出できないエリアなど、閉鎖された空間が舞台となった作品をよく読んでいる。最近、読んだのが三津田信三の「シェルター 終末の殺人」。核シェルターに集まった初対面の6人の中で、殺人事件が起こるというストーリーだが、小説の中で放射能や核シェルターの機能などが詳しく書かれていた。入り口には汚染外気が内部へ入るのを防ぐエアロック室があることや、トイレ、空気清浄機の仕組みなどがよくわかった。
 家を建てる際、核シェルターのことを考える人など、日本にはほとんどいないだろう。人口当たりの核シェルター普及率も0・02%とかなり低い。世界的にはかなり普及しているようでアメリカ82%、ロシア78%、イギリス67%、シンガポール54%。スイスとイスラエルに関しては100%だという。普及率が高い理由としては法的に義務付けている国もあるとのこと。日本が低い要因にはコストもあるが、危機意識が低いことも影響しているのだろう。
 そんな中、北朝鮮による核ミサイル攻撃の懸念で、日本でも注目され始めている。ただやはりコストは高い。シェルターは攻撃がある時だけ入ればいいものでなく、「シェルター 終末の殺人」によれば、2週間は中で生活しなくてはならない。そのためトイレやキッチン、人数分のベッドも必要なので、それなりの広さがいる。ネットで調べてみると1000万円以上必要で、一時避難用の海外製品でも数百万円いる。しかし安全には代えられない。核攻撃の脅威がなくなるのが一番だが、今後も需要は増え続け、数十年後には日本でも当たり前の時代が来るのかもしれない。     (城)

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘そ~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る