御坊でひきこもり回復支援の研修会

 国保日高総合病院で2日、御坊保健所主催のひきこもり研修会が開かれ、シンポジウム形式で自身もひきこもり経験のあるメンタルサポーター4人の意見発表が行われた。
 紀中・紀南地方では初めてとなるひきこもり回復支援の拠点づくり、NPO法人「ヴィダ・リブレ」の設立準備を進めている精神科医宮西照夫さん(68)らが講師となり、ひきこもり状態にある当事者とその家族、市町の保健、福祉関係者ら約90人が参加した。
 シンポジウムでは、現在、宮西さんの下で、ひきこもり状態にある若者と接しているメンタルサポーター4人が意見を発表。紀の川病院(岩出市)のひきこもり専門ショートケアにかかわっているサポーターは、「自分は仕事として仲間づくりをしている意識はまったくありません。大切なのは(当事者と)同じ目線で何かを楽しみ、何でもオープンにして話すことで、私の場合は、以前の自分は絶対にできなかった嫌な過去も話すうち、相手が心を開いてくれました」と述べた。その当事者とは最近、2人で居酒屋へ行くほど仲よくなれたという。

関連記事

フォトニュース

  1. あ~ん、もう、モロコ~!

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る