しっかり頑張ってや!

 御坊市の塩屋小学校(板垣和成校長)5年生22人が29日、北塩屋地内の田んぼに自分たちで作ったかかしを立てた。
 総合学習と社会科の一環で、毎年5年生が田植えから収穫までもち米作りに取り組んでいる。稲は順調に育っており、スズメなどに食べられないようにと、持ち寄った古着などを使い、近くの農業山田長政さん(72)と浜田信矢さん(67)に教えてもらってかかしを手作り。2人1本ずつ合計11本を完成させ、この日は田んぼの周りや中央に立てていった。
 松山晃大君と中村壮太君は「かかしにびっくりして鳥が逃げてほしい。収穫まで見守ってね」と願いを込めて話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る