違法な時間外労働 県内で97事業所

 和歌山労働局は、2016年度に実施した長時間労働が疑われる事業所に対する監督指導の結果を公表。県内164事業所のうち97事業所(59・1%)で違法な時間外労働を確認し、是正・改善に向けた指導を行った。
 監督指導は16年4月から17年3月まで、月80時間を超える時間外・休日労働が行われた疑いのある事業所、長時間労働による過労死等に関する労災請求があった事業所を対象に実施。労働基準関係法令の違反は130事業所(79・3%)で、うち違法な時間外労働のほか、賃金不払い残業は17事業所(10・4%)、過重労働による健康障害防止措置の未実施は26事業所(15・9%)だった。
 主な健康障害防止に関係する指導の状況は、過重労働による健康障害防止措置が不十分なための改善が135事業所(82・3%)。労働時間の把握が不適正なための指導が36事業所(22・0%)だった。

関連記事

フォトニュース

  1. これからも頑張ります!

日高地方などのイベント情報

  1. アミザージサッカー教室

    3月 30 @ 9:00 AM
  2. 印南駅ナカコンサート

    3月 31 @ 11:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る