恒久平和願う

 美浜町吉原、ダイワボウプログレス㈱和歌山工場前の西川で16日、「第42回戦争犠牲者を悼み、平和を願うとうろう流し」が行われ、幼児からお年寄りまで約80人が参加した。
 「平和を考えるつどい」実行委員会(谷口幸男委員長)主催の盆恒例行事。大川橋東の会場で集会を開き、津軽三味線の演奏を楽しんだあと、「日高郡市民に訴えるアピール」を採択し、大川橋に移動した。
 火をともしたとうろうは大川橋の上からロープで川面に浮かべ、暗闇にいくつものとうろうが揺れる幻想的な光景が見られた=写真=。和田の三宝寺、湯川逸紀住職の読経の中、参加者は鎮魂の明かりに手を合わせ、恒久平和へ誓いを新たにした。
 アピールでは安倍政権の集団的自衛権行使容認閣議決定などを問題視したうえで「私たちは戦争には反対です。平和が大好きです。世界中のすべての国々が平和的な外交を選択するよう期待し、唯一の被爆国国民として今後も引き続き、憲法九条の誇り高い精神を地球規模に広めるために行動したい」と盛り込まれ、とうろうに「世界平和」などと自筆する参加者もいた。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る