御坊市認知症サポーター 目標突破へ

 日高町は、平成28年度特定健診受診率をまとめた。それによると38・3%で、前年比約4㌽増。中長期的な目標として28年度に掲げた受診率45%の達成に向けて着実な歩みをみせている。
 特定健診は、国のメタボリックシンドローム対策の柱として平成20年4月から導入された健康診断の一つで、糖尿病や高脂血症、高尿酸血症などの生活習慣病の発症や重症化を予防するのが目的。対象は40歳から74歳まで。
 日高町では28年度、国民健康保険被保険者1649人(受診券を配布した人数)のうち632人が受診した。この人数で受診率を算定すれば、38・3%となるが、ことし11月ごろに算定される正式な受診率(法定報告値)は、1㌽程度高くなって39%超になる見通し。例年の傾向で、他の保険への切り替え、死亡、転出などに伴い対象となる国民健康保険の被保険者が減少するため、その分が法定報告値を押し上げるという。
 健康推進課では、電話での個別勧奨や28年度から導入した受診料無料化、健康推進員による声かけ、12月の拾い直し健診などが功を奏したと分析。「本年度は啓発幟を作製して、『まず健康 年に一度の特定健診』をスローガンに特定健診をより一層推進していきます」と話している。幟は10本作っており、役場駐車場に設置している。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る