これで火の用心を呼びかけてね

 御坊市消防本部は8日、わかば保育園(ホール靖代園長)の園児でつくる幼年消防クラブに、防火の啓発に使う和太鼓セットを交付した。
 一般社団法人自治総合センターの「宝くじの社会貢献事業」で助成を受け、平太鼓と立ち台を6セット、チャンチキ(当り鉦)と撞木(かねたたき)を1セット、チャッパ(すり鉦)1個を用意。予防課の職員が園を訪問し、松尾富弘課長が年長児に「きのうの台風も怖かったと思うけど、火事も怖いよね。この太鼓を使って近所や家族の人に火の用心を呼びかけてください」と手渡した。
 同園の幼年消防クラブは防火パレードや出初め式といった行事で和太鼓を使用。園児を代表して年長の林由羅ちゃん(5)が「これから練習を一生懸命します。防災のためにも演奏して、啓発活動を頑張りたいと思います」とお礼を述べた。

関連記事

フォトニュース

  1. これからも頑張ります!

日高地方などのイベント情報

  1. アミザージサッカー教室

    3月 30 @ 9:00 AM
  2. 印南駅ナカコンサート

    3月 31 @ 11:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る