県小学生ミニバスケ 日高男子が初優勝

 小学生バスケットボールの第18回県夏季ミニバスケットボール大会・GES杯が湯浅スポーツセンターで開かれ、男子の部で日高が初優勝を飾った。持ち前のスピードと高さを生かし、決勝は延長戦に持ち込んでの逆転勝利。8月11日から13日まで広島県立総合体育館で開催される西日本大会の第41回全関西ミニバスケットボール交歓大会に出場する。
 県大会は1、2、17の3日間で男子18チーム、女子16チームがそれぞれトーナメントで熱戦を展開。男子の日高は2回戦からの登場で、IWADEを64―30で退けると、準々決勝でKIBI―jrを68―16、準決勝でSAKURAを59―26で下し、決勝で楠見西と対戦した。第1クオーターを13―10でリードするも、第2クオーターで21―26と逆転を許し、第3クオーター終了時は31―36の5点ビハインド。第4クオーターを16―11として追いつき、47―47から3分の延長戦の末、57―51で勝利した。
 創部7年目で公式戦初の栄冠。主将でオールラウンドプレーヤーの稲垣、170㌢の長身でセンターの栗本を中心に、激しいディフェンスから速い展開の攻撃を繰り出し、雑賀孝之監督は「ことしのチームは攻守にバランスがとれていて選手層も厚い。決勝は序盤に硬さが見られたが、追いついてからは勢いがあった。全員で勝ち取った優勝。西日本大会では県代表の名に恥じないプレーをし、強豪との対戦で力を試したい」と話していた。
 このほか、日高地方勢は男子で御坊が2勝して3回戦、女子で日高が1勝して2回戦で敗退した。
 

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る