夏の高校野球和歌山大会 日高はベスト4ならず

 第99回全国高校野球選手権和歌山大会12日目の25日は準々決勝2試合が行われ、第2試合の日高は序盤の失点が響き和歌山東に8回コールド負け。ベスト4進出を逃した。
和歌山東
15000012 9
00010000 1
日高
  (8回コールド)
 日高は6点を追う4回無死から和歌山東先発の山本を攻め、中岡の左翼線二塁打、山田の左前打、小竹の右前適時打と3連打で1点反撃するも、なおも一、二塁の好機では二塁けん制死、一直併殺で追加点を奪えなかった。6回は瀧川、山田の安打などで2死二、三塁としたが、小竹が三ゴロ。7回以降は和歌山東2番手の前に抑えられ、7回は乙田の右前打、8回は米田の右前打を得点に結び付けられなかった。
 4戦連続先発の日高・澤田は初回に無安打の2失策で1点を許すと、2回無死から四球と連続安打で2失点し、さらにバント安打でピンチが広がった場面で降板した。無死一、二塁からマウンドに登った2番手・小山は送りバント後に右前適時打と失策で2点を加えられ、なおも2死後に中前適時打を浴びた。
 小山は3回から6回まで踏ん張ったが、7回2死から適時三塁打を打たれ、8回は無死満塁から連続の中犠飛で2点与えて8点差をつけられた。
 日高打線は8安打を放つも、和歌山東2投手の継投の前に序盤の失点をばん回できなかった。

関連記事

フォトニュース

  1. これからも頑張ります!

日高地方などのイベント情報

  1. アミザージサッカー教室

    3月 30 @ 9:00 AM
  2. 印南駅ナカコンサート

    3月 31 @ 11:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る