日高は5年ぶりベスト8進出

 大会10日目の23日は3回戦3試合が行われ、日高兄弟校が登場。第3試合の日高は6回から着実に得点を重ねると澤田、小山の完封リレーで5年ぶり15回目の8強進出を果たしたが、第2試合の日高中津は先制実らず延長11回の熱闘の末に涙をのんだ。
海南
000000000 0
00000211 ×  4
日高
 海南先発の中峰の前に5回まで2安打の日高は6回1死二塁から主砲の山田が左中間を深々と破る適時三塁打。さらに小竹にも左前適時打が飛び出し、この回2点を先制した。7回には海南2番手・上道を攻め、1死二塁から瀧川が中前適時打。8回は海南3番手・田伏から先頭・小竹が四球を選ぶと、強攻策がずばり的中。続く津村の左越え適時二塁打で貴重な得点を加えた。3試合連続先発の澤田は7回まで散発5安打の好投。8回から登板のエース・小山は9回の先頭打者に安打を許したが、後続を中飛、連続三振に仕留め、リードを守った。日高打線は6安打4得点と効率よく攻め、継投も見事に決まった。
 日高の準々決勝は大会12日目の25日となり、第2試合(午後0時半~)で優勝候補の一角、和歌山東とぶつかる。
桐蔭
000000020 01 3
000020000 00 2
日高中津          (延長11回)
 日高中津は5回2死二、三塁から木村が左翼線2点二塁打を放って先制した。6回1死一、三塁では決定打を欠き、同点とされた8回裏の攻撃は3者凡退。9回1死三塁のサヨナラ機では代打・小早川の痛烈な右直で三走が本塁を突けなかった。延長に入っても10回は杉浦の左中間二塁打でつかんだ2死二塁の好機にあと一本が出ず、11回は1死一塁から宮井、代打・新垣が連続三振に切ってとられた。
 日高中津先発の原は6回3分の0を5安打無失点。7回無死一塁から登板した2番手・尾田はこのピンチは脱したが、8回に死球と二塁打で1死二、三塁とされ、三振で2死までこぎつけたあと、4番打者にしぶとく三遊間を破られ、試合を振り出しに戻された。9回は2死二塁から左前打されるも左翼・原の本塁好返球で勝ち越しを阻んだが、11回1死二塁からの三ゴロが一塁悪送球の失策となり、決勝点を入れられた。
 若アユ打線は初戦から3試合連続2桁安打となる11安打をマークするも、初回の1死満塁を逃すなど4回までに8残塁と攻めきれながったのが痛かった。
 
 

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る