みなべで梅の天日干し始まる

 近畿地方の梅雨明けが発表された19日、みなべ町では夏の風物詩の梅の天日干しが始まった。
 農家が収穫した梅を塩漬けにしたあと、天日に干して梅干しに仕上げる作業。天気が安定して炎天下となる夏の土用ごろから始まることから「土用干し」とも呼ばれる。セイロと呼ばれるプラスチック製などのざる(約1㍍四方)に梅をびっしりと並べ、ひっくり返しながら数日間かけて干し上げる。最初は黄色っぽい梅が、日光を浴びることで赤みを帯びてくる。秋ごろまで行われる。干し上がった梅干しは大きさや品質ごとに選別し、加工業者らに一次加工品として出荷する。
 晩稲の崎山文男さん(66)も「ことしは不作傾向で、玉太りもいまいちだった」と話しながら作業していた。
 

関連記事

フォトニュース

  1. 色とデザイン選んでね

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  3. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  4. 上阿田木神社春祭り

    4月 29 @ 1:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る