フォトコン、やってま~す!

 より身近な鉄道会社として愛着を持ってもらおうと、御坊市の紀州鉄道は初めてフォトコンテストを企画し、15日から作品の募集をスタートした。8月末まで受け付け、応募作品は9月1日から2週間程度、紀伊御坊駅構内に展示。一般から投票してもらい、最優秀賞1点、優秀賞6点を選び2018年オリジナルカレンダーを作製するユニークな取り組みで、鉄道ファンだけでなく、地域住民から人気を呼びそうだ。
 多くの人に紀州鉄道の魅力を知ってもらおうと社員が発案。「地域と一体となって取り組みたい」との思いから、社員で審査するのではなく、一般来場者に投票してもらう方法で入賞作品を選考することにした。さらに入賞作品を採用してカレンダーを作製する。最優秀賞1点は表紙、優秀賞6点はカレンダーの各ページ(2カ月分で1枚)に掲載。佳作数点は最終ページに載せることにしている。大きさはA4サイズで、受賞作品は9月中旬に公式ホームページで発表。カレンダーは10月以降に完成させ、採用者らにプレゼントする。
 テーマはずばり「紀州鉄道」で、車両や駅舎、レール、風景など紀州鉄道や雰囲気を表現した写真を対象にする。プロ・アマ問わず誰でも1人3点まで応募できる。未発表または発表予定のない作品のみで、他のコンテストへの二重応募や類似作品は失格とする。人物が写っている場合は必ず本人の了承を得ること。応募は紀州鉄道のホームページに応募専用フォームを設けており、必要事項を記入して写真データを送信すればよい。受け付けはデータのみ。カレンダーにするため、写真の解像度等に注意が必要。
 同社は「この機会にぜひ紀州鉄道に足を運んでいただき、素敵な写真を撮ってほしい。応募を楽しみにしています」とPRしている。

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る