東アジア農業遺産学会 来年はみなべと田辺で開催

 日本、中国、韓国の世界農業遺産認定地域などが集う第4回東アジア農業遺産学会が中国の湖州市(こしゅうし)で2日間にわたって開かれ、来年8月末の第5回学会は「梅システム」が認定されているみなべ町と田辺市で開催されることが決まった。国内での開催は2年前の新潟県佐渡市に続いて2カ所目。みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会の小谷芳正会長は「健康と美容に効果がある梅を世界に発信する絶好の機会」と喜んでいる。
 同学会は認定地域の交流や情報交換を目的に平成26年から始まり、中国、日本、韓国の順に持ち回りで開催されている。
 今回の学会では2日目の役員会で、第5回学会をみなべ・田辺地域で開催すると決定。小谷会長は「田辺・みなべは紀伊半島の南西海岸付近に位置し、約400年にわたって地域資源を有効に活用して梅を中心とした農業を行い、生物多様性、独自の景観、農文化、地域の絆を育んできた。第5回大会を開催させていただくことになり、大変光栄。開催される8月は暑い時期となりますが、多くの方に参加いただけるように準備します。Welcome to Minabe‐Tanabe」とあいさつした。
 計画では、当日はレセプションや現地視察などが行われる。2月に東アジア農業遺産学会の役員らが訪れ、具体的な内容について話し合う。関係者は「大きな国際会議がみなべ町で開催された記憶はなく、ぜひ成功させたい」という。

関連記事

フォトニュース

  1. わんちゃん大好き

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る