あの時代を忘れない

 CDよりも温かみが感じられるということで、近年、昔のアナログレコードの人気が高まりつつあり、ソニーがレコード生産を復活させるという。何となく分かるが、なぜいまさら、という気もしないではない。
 初めて自分で買ったレコードはたしか、サザンの「Ya Ya あの時代を忘れない」。中学になるとMTVにどっぷり浸かり、友達と御坊のまちの電気店で展示品のステレオをいじり、「やっぱりソニーやで」などと得意になっていた。
 深夜のベストヒットUSAにかじりつき、おニャン子クラブに騒ぐ同級生を鼻で笑っていたあのころ。英語の歌詞の意味はさっぱり分からなかったが、カセットテープのノーマルとクロームの音の違いは分かった。
 テープはレコードと同じでA面とB面があり、学校の勉強よりも、どうしても切れる最後の曲の最後の5秒をどうやって入れるか、インデックスラベルにいかにきれいに曲名を書くかに必死だった。
 学校帰り、大谷レコードの袋に入ったLPをこれ見よがしに自転車のかごに入れて田んぼ道を走っていた。高校生になると、電車通学の女子がおしゃれなイワキレコードの袋を持ってきて、教室で大谷派と本願寺イワキ派が自分の知らない洋楽で意気投合する姿にイラついたりもした。
 もう30年以上も昔の話。中高生にとってアナログのLP盤は音楽を聴くだけでなく、湯川れい子らの小難しいライナーノーツを読むのもわくわくしたし、ジャケットが重要なファッションアイテムだった。
 音に関しては雑音との闘いだったため、アナログ盤に思い出はあっても、買おうとは思わない。生まれたときからデジタル社会のいまの若者は、初めて聴くアナログが新鮮なのかも。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. あ~ん、もう、モロコ~!

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る