日高博愛園で認知症サポーター養成講座

 御坊市と社会福祉法人博愛会の認知症サポーター養成講座が27日に名田町の日高博愛園デイサービスセンターで開かれ、地域連携の一環で市消防団名田分団、和高専ボランティアサークル「アメーバ」、JA紀州青年部員ら80人が参加。認知症への理解や災害時の協力態勢構築への意識を高めた。
 博愛会は認知症支援の輪を広げようと、和高専など地域との連携に取り組んでいる。近い将来発生が懸念される南海地震等にも備え、認知症の本人や高齢者、子どもら災害弱者に対する防災意識を高める狙いもある。
 養成講座では、日高博愛園ケアマネジャーの楠山順子さんと村上玲さんが講師を務め、認知症の症状や対応の仕方を分かりやすく説明。楠山さんは「一人一人性格や好みが違うように、認知症の人もそれぞれ違う。認知症とひとくくりにせず、その人が本当に望む関わり方が必要だということを覚えてほしい」と呼びかけた。事例を分かりやすく紹介する寸劇もあり、参加者は熱心に知識を深めていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 和歌山のPRまかせてください!

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る