日高博愛園で認知症サポーター養成講座

 御坊市と社会福祉法人博愛会の認知症サポーター養成講座が27日に名田町の日高博愛園デイサービスセンターで開かれ、地域連携の一環で市消防団名田分団、和高専ボランティアサークル「アメーバ」、JA紀州青年部員ら80人が参加。認知症への理解や災害時の協力態勢構築への意識を高めた。
 博愛会は認知症支援の輪を広げようと、和高専など地域との連携に取り組んでいる。近い将来発生が懸念される南海地震等にも備え、認知症の本人や高齢者、子どもら災害弱者に対する防災意識を高める狙いもある。
 養成講座では、日高博愛園ケアマネジャーの楠山順子さんと村上玲さんが講師を務め、認知症の症状や対応の仕方を分かりやすく説明。楠山さんは「一人一人性格や好みが違うように、認知症の人もそれぞれ違う。認知症とひとくくりにせず、その人が本当に望む関わり方が必要だということを覚えてほしい」と呼びかけた。事例を分かりやすく紹介する寸劇もあり、参加者は熱心に知識を深めていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る