分校生のシカ肉料理に期待

 先日、国道42号から由良町内へつながる山道を走行中、野生のシカが現れた。日高地方に住んでいる人にとって、道路に野生の動物が出てくることはそれほど珍しくないだろうが、さすがにシカは驚かされる。同時に何年か前に食べたシカ肉がおいしかったことを思い出した。
 そんなシカだが、日高川町西原にある日高高校中津分校(池田尚弘校長)では、シカ肉をPRして町の観光につなげようと、レシピ作りを行っている。同校のゲストティーチャーで町の地域おこし協力隊の村越拓也さん(27)が提案し、学校と協議して決まった取り組み。今月7日には村越さんが捕まえたシカの肉で料理の試作品作りを行った。
 メニューは餃子やローストビーフ、ピザなど数種類あり、生徒たちが調理。さまざまな料理が出来上がったが、シカ肉らしさが残る料理として、「鹿しゃぶ」「鹿の燻製肉」「鹿肉の冷製パスタ」が候補に。今後、さらに試行錯誤を加えて完成させる。
 生徒たちの料理は同校教諭の友人が経営する有田川町の多国籍料理バル「サカズラ」で7月から販売される。料理が売れた場合利益の一部を学校に還元。自分たちのアイデアで対価を得ることにより、生徒らに仕事のやりがいを感じてもらうことも狙いだ。
 日高高の本校では生徒らがラーメンフェスティバルを企画するなど、高校生主体の取り組みが増えてきている。中津分校の生徒たちもまだ料理やシカ肉の知識は少ないだろうが、今後も研究を重ね、また高校生ならではのアイデアを生かしたレシピが誕生するかもしれない。地域の特性を生かした「ジビエ」に注目したこの取り組み。今後、イベントでの出店や加工商品化など、さらに発展していくことに期待したい。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る