御坊の舞妃蓮の郷で文化イベント

 御坊市藤田町の北吉田蓮保存会(佐竹成公会長)が整備した「舞妃蓮の郷 蓮公園」で11日、能(謡)や民謡踊り、詩吟などの文化・芸能を楽しむイベントが行われた。
 池の中央にある東屋「荷風亭」を舞台に、午前の部では日高川踊り保存会、詩吟の木村洪平さん、紫洲流日本明吟会、銭太鼓の美浜友遊くらぶが出演。蓮池が地域の人たちの憩いの場、文化芸能の発信拠点となることを願い、それぞれに練習の成果を発表した。
 午後7時からは能の御坊喜長会の岡本恒男会長、古久保泰男さん、坂井誠治さんの3人が登場。涼しい初夏の宵、池の四隅にかがり火が揺らめくなか、祝いの曲「月宮殿」を披露した。最後は道成寺の小野俊成住職が「蓮と仏法」と題し、泥の中に根を張り、美しい花を咲かせる蓮と人の生き方などについて話をした。

関連記事

フォトニュース

  1. 24日はぜひ来てくださ~い

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る